施術方法と麻酔

注射HARG療法は頭皮に成長因子を投与する治療法ですが、投与には注射とスタンプがあります。最近はスタンプ式で投入するケースも増えてきました。しかしスタンプ式は技術がなくてもできる施術法です。扱いが簡単なため、誰でも一定の質を保った施術が可能です。それはスタンプ式の利点でもあるのですが、裏を返せば技術がなくても施術できる事になります。新米医師や経験の少ない看護師でも施術が可能です。

HARG療法は最近生まれた療法で、今も研究と改良が進められています。常に最新の知識と技術を学ぶ姿勢が特に求められています。それらを持ったうえで効率化のためにスタンプ式を採用しているのか、知識も技術もないからスタンプ式なのかを見極める必要があります。

その見極め方の一つになるのが、麻酔対応の有無です。HARG療法は頭皮への施術ですから、痛みを伴います。麻酔は一歩間違えると大事故になりますから、高い技術と知識が求められます。麻酔をする予定にない場合も、クリニックが麻酔に対応しているかどうか確認しましょう。技術のない医師だと麻酔には非対応の場合があります。必ずしもこの基準が当てはまるわけではありませんが、参考にはなるでしょう。

値段

Pocket